2006年01月03日

中国株市場について

ど素人の中国株一口メモ 

 

 はい、みなさんあけましておめでとうございます。オイラは株山金太です。
 さて今回は中国株市場について書いてみます。
 中国株市場とは香港市場・上海市場・深セン市場の三市場のことです。
 上海市場と深セン市場にはそれぞれA株とB株がありますが、外国人が買えるのはB株だけです。
 香港市場はメインボードとGEMのふたつに分かれています。
 これらは外国人が買うことができます。
 メインボードはさらにH株・レッドチップ・その他の三つの市場に分けられます。
 今回はこのへんでやめときます。
 あんまりだらだら書いても読む方もいやになります。 
 おいらも勉強のため自分に言い聞かせるようにしてこれを書いています。
 孫子の兵法でも言うじゃありませんか。
 敵を知り己を知れば百戦あやうからずってね。
 まあ無理せず、マイペースでぼちぼちやってればいいことありますよ。
posted by hagibosi at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。